トイレをリフォームで交換する際のいろんな特徴 | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

トイレをリフォームで交換する際のいろんな特徴

トイレが老朽化などの理由でリフォームして工事をするときには、今は単なる便器の取り換え工事ではなくて、ほかにいろんな特徴があることを理解しておく必要があります。それは一度だけではならず、将来も継続的に行われる可能性があることを示唆するからです。

トイレをリフォームする工事は便器の交換だけにあらず

今頃のトイレをリフォームする工事は単なる便器を交換するだけの工事ではなくなっています。というのは単なる便器の交換だけならば、それはリフォームの概念ではなく単なる老朽取り換えの概念に収まるからです。このリフォームの工事では便器の交換をする以外に、下水道管の老朽取り換え、さらに部屋の内装工事も含まれる場合が多くなっています。また今頃の便器はもはや単なる水栓便器ではなく、下水道管の整備された地域と建物ではウォシュレットがほとんどとなっています。そのウォシュレットの便器の特徴はケツの穴を洗浄するための水パイプと臭いニオイを除去するための脱臭機能が搭載されています。そのために室内に脱臭機能を稼働させるためのコンセントの工事と洗浄するための水パイプが使える工事もさらに要求されることになります。

しかしそのトイレの交換は一度で終わりであらず

そのために最初のトイレをリフォームする工事では部屋の内装や電源工事や下水道の老朽取り換えがかかるために、工事費はかなり莫大なものになる可能性があります。水回りで隣接している風呂場と合わせると工事費は高級な車1台分が買えるくらいの値段になる場合もあります。この工事で完成した暁には工事前に比べて工事後は脱臭機能のために臭いニオイも経験しなくていいし、それのために芳香剤を用意しなくても済ませることが可能となります。ただしそのトイレの交換は一度で終わりでないことに警戒をしなければなりません。これはウォシュレット特有の宿命だからです。ウォシュレットの導入前の便器では考えられなかったこととなります。

リフォームの後もトイレ便器の交換が必要な理由は

ではなぜウォシュレットにした場合、トイレの交換は一度で終わりでないことに警戒しなければならないかというと、その理由の1つはケツの穴を洗浄する水パイプの老朽寿命のためとなります。ケツの穴を洗浄する水パイプは便器の中に埋め込まれていて、便器からケツの穴めがけて水が出るようになってます。そのパイプは使用状況にもよりますが、約10から15年程度で寿命を迎えるからです。その水パイプが寿命になるとパイプがひび割れてしまい、そこから水が漏れだすようになります。水が漏れだすと便器の隙間から水が漏れてきてしまいます。だから便器の取り換えをしなければならなくなります。そのために工事後もこの取り換え費用を計算して用意しておかねばなりません。

まとめ

トイレのリフォーム工事は単なる便器の交換ではなくて、内装や電源工事を含めた大規模な内容となります。しかし工事をしてもウォシュレットにした場合は、パイプなどの寿命のために将来も継続して次なるウォシュレットの便器への取り換え対策を考慮しなければならなくなります。




このページの先頭へ