元の素材と新たに設置する素材の違い | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

元の素材と新たに設置する素材の違い

トイレの床をはりかえるとき、まずは元素材が何かです。タイルであればはがすことから始めます。フローリングならそれほど苦労はありません。素材によって、工期なども変わるので、じっくり選ぶ必要があります。

耐水性があるかを考慮して材料を選ぶ

水回りといわれる周辺では、水のことを気にする必要があります。キッチンぐらいなら、周りに水が飛び散ると言っても流れるほどではありません。お風呂は水を流すところです。トイレは、基本的には水を流すわけではないですが、頻繁に掃除を行います。その時に水で流すこともあり、それなりに水のことを考える必要があります。改修工事を行うときに、床のはりかえをすることがあります。この場合は、耐水性がある材料を選ぶ必要があります。昔は良くタイルが使われていましたが、施工はそれなりに難しく時間がかかります。簡単に耐水性が得られる素材も出ています。

掃除がしやすくなるタイプの素材を選ぶ

トイレは汚れが付きます。他の所と違うところとして、酸性の汚れとアルカリ性の汚れが付くことです。一般的に洗剤は、酸性のものとアルカリ性のものを同時に使うことはできず、各家庭ではどちらかを使うことが多いです。すると一方の汚れが残りやすくなります。いかにこびりつく前に取るかが問題になります。床の改修をしてはりかえをするときには、掃除のしやすさを考慮して素材を選びます。タイルを選ぶとき、目地幅が広ければそれだけ汚れがたまります。小さいタイルでも汚れがたまります。毎日でも簡単に掃除できるタイプが理想です。

時間がかかる場合と簡単にできる場合

トイレの床材は、住宅を建てた時の状態で決まります。建売の場合は自分で決めたわけでないので、売られたときの状態がそのまま使われているでしょう。この時、タイルタイプかフローリングタイプかがあります。タイルタイプの場合、床をはりかえる改修を行うとき、はがすにしても施工するにしてもそれなりに大変です。はがすときにはドリルなどが必要で、施工するときは乾燥までの時間がかかります。元がフローリングの時、場合によっては自分でも簡単にできます。新たにフローリング素材を購入して、それを貼りつけるだけでできる場合もあります。

まとめ

トイレのリフォームで、床のはりかえはポイントの一つになります。日々行う掃除のことを考えて素材を選択することも必要になります。タイルの目地は意外に気が付きませんが、汚れがたまりやすくなるので注意が必要です。




このページの先頭へ