入居者が変更を希望した時の対応 | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

入居者が変更を希望した時の対応

入居者は、大家に対していろいろ希望が言えます。大家はすべてに対応する必要はなく大家負担でリフォームすることもあれば、自費で行ってもらうこともあります。費用の分担などに応じることがあります。

アパートの場合に和式から洋式に変更

新しいタイプのアパートであれば、ほとんどは洋式になっています。しかし、築20年から30年以上となると、まだ和式タイプが残っています。ですから、利用者からも、和式から洋式に変更してほしいとの要望が出ることがあります。アパートにおけるトイレのリフォームで大家が行うことが多いのが、和式から洋式への変更になるでしょう。行い方としては、学生が利用するところであれば、退去時に行うことがあります。一方、長期的に利用をする人がいる場合は、適宜工事を行います。物件にもよりますが、1日程度で使うことができる場合もあります。

入居者が変わるときに新しいタイプに変更

賃貸物件を経営する場合、入居者に物件を選ばれます。立地や間取り、そして賃料が見合うかなどが見られるので、適度に部屋を維持する必要があります。前入居者から原状回復費用の徴収はできますが、よほど壊したや過度の利用などでない限りには取ることができません。トイレは利用することが多い水回りで、壊れていなくてもかなり汚れる場合があります。汚れが残っていると次の入居者が入ってくれないこともあります。大家は、入居者が変わるタイミングで新しいタイプにリフォームすることがあります。年数で決めることもあります。

入居者が希望するなら入居者負担で行ってもらう

大家が賃貸物件を貸すとき、設備に対してそれに見合う賃料を払ってもらいます。設備が古ければそれなりに賃料は低くなります。利用者はそれに納得をして入居することになります。トイレが和式であったり、古いので新しいタイプにリフォームしてほしいと入居者から要望があっても、必ずしも行う必要はありません。この時の選択肢として、入居者に自分の負担で工事を行ってもらうことを伝えることができます。温水洗浄機の設置も自分の負担で行うように伝えることができます。退去時にその分の費用を支払うかどうかも、大家の判断になります。

まとめ

古いタイプの場合、和式がまだ残っていることがあります。アパートであれば和式から洋式に変更する工事を行う場合があります。また、物件の価値を維持するために、入居者が変わるときに変更することもあります。




このページの先頭へ