水回りは家の中で統一する方が良い | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

水回りは家の中で統一する方が良い

トイレや浴室、洗面は水回りとして知られています。リフォームを行うときは、色を統一して行うようにすると見た目にも良くなります。白が一般的ですが、どれか一つの色を変えた時はその他も色の変更をしておくと良いでしょう。

色や雰囲気を統一するように行う

新築の住宅の場合、部屋の設備などはある程度雰囲気が統一されるように作られています。木目調にしていることもあれば、白で統一する、その他の色で統一するなどもあります。トイレ、浴室、洗面は、水回りの中でも共通する部分が多く、マンションなどによっては一つに固まっていることもあります。リフォームをするときには、色や雰囲気が統一するようにした方が良いかもしれません。一般的な住宅の場合、白を基調にすることがあるので、一つだけ別の色などにすると家の雰囲気も変わってしまいます。ある設備の色を変えたら、色だけでも他も合わせるとよいかもしれません。

別々に行う場合と同時に行う場合がある


住宅の中にはいろいろな設備があります。最初に設置されるのは同じ時期ですが、使う頻度や使われ方、傷み方が異なります。ですから、使えなくなる順番も全く同じとは限りません。比較的傷みやすいのが浴室の浴槽です。浴槽のみを交換することもあります。リフォームを行うとき、水回りを別々に行うのか、同時に行うのかを選ぶことがあります。浴槽を変更するとき、トイレや洗面もそれなりに傷んでいる場合があります。それならと早めに変えておくことで、工事費用を安くすることができます。セット価格などを適用してもらえる場合もあります。

バリアフリーに対応した変更を行う

30歳ぐらいで建てた家は、30年経過すると60歳以上の人が使うことになります。建て替えるのも良いですが、住宅に問題がなければそのまま住み続けることができます。ただし、住む人に合わせて一定の変更をすることも考えないといけません。そこでリフォームを行うことがありますが、トイレ、浴室、洗面に関してはバリアフリーに対応する設備などを取り入れるようにします。簡単なものとしては、手すりを取り付ける、床を滑りにくい素材にするなどがあります。また、それぞれの高さなども変更することで使いやすくできる場合があります。バリアフリーの変更なら補助が出ることもあります。

まとめ

住宅は、建て替えだけでなく、リフォームをすることで住み続けることもあります。トイレなどの水回りをバリアフリーを意識したものに変更することで、高齢になっても使い続けることができます。補助金なども調べておきましょう。




このページの先頭へ