色々なタイプから選ぶことができる | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

色々なタイプから選ぶことができる

温水トイレといえば、便器を製造するメーカーが多く作っていました。最近は家電メーカーも多く作っています。温水洗浄機能以外の機能も考慮して選ぶ必要があります。より生活を楽にしてくれる機能が付いています。

電源がある場合はそれほど難しくない

各部屋にはコンセントがあります。ですから家電製品などを利用することができます。新しいトイレにはコンセントが付いていることがあります。それは電源を使用することがあるからです。しかし、少し前にはコンセントが付いていない場合があります。温水トイレを設置するリフォームを行うとき、電気を取ることができるならそれほど大変な工事は必要としません。意外にあるのが、照明の電源です。コンセント式になっていることがあり、ここから電気をとれれば問題はありません。どうしても取れないときは、新たに電源工事が必要になります。

貯湯式と瞬間式の2つのタイプから選ぶ

夏にトイレを利用するとき、洗浄タイプは水を使っても特に問題ありません。冷たくて気持ちいいぐらいかもしれません。しかし、夏以外の季節に冷たい水はかなりつらいです。真冬となると、それだけで血圧が上がることもあり、温水トイレの設置を考えなければいけません。リフォームを行うとき、タイプを選択する必要があります。それは、複数のタイプが用意されているからです。良く知られているのは、貯湯式と瞬間式になります。貯湯式は常にお湯を貯めて置くタイプで電気代がかかります。瞬間式は、機械そのものが少し貯湯式より高くなります。

洗浄機能以外の機能も考えて選ぶ

最もシンプルなトイレは、自分でふたを開け、用を足した後に紙で拭きます。そして手でレバーを回して水を流します。最も最新のタイプになると、自分自身は座って用を足すだけです。ふたは自動的に開いてくれますし、用を足した後はお湯で洗浄して温風で乾燥してくれます。立ち上がると自動的に水を流してくれ、ふたも閉めてくれます。温水トイレにリフォームをするとき、その他の機能も考慮するとよいでしょう。高齢者がいる場合は、ふたの開け閉めが意外に苦痛になります。それなら自動タイプの方が良いでしょう。乾燥してくれる機能も便利です。

まとめ

温水トイレを設置するためのリフォームをするとき、機種によってタイプが異なります。将来的な電気量を考慮するか、最初の初期投資を大目に見るかです。故障や耐用年数なども考えて計算すると良いでしょう。




このページの先頭へ