誰が住むかを考えて適した設備を入れる | トイレリフォーム費用比較のススメ※業者選びで後悔しない為に一括見積もり

誰が住むかを考えて適した設備を入れる

新築で家を建てるときには、トイレも選ぶことになります。誰が住むのか、生活するのかを考えて選ぶと良いでしょう。子供は成長するのでそれほど考慮する必要はありません。高齢者は自分自身も含めて考慮する必要があります。

家族が使いやすいように設置してもらう

新築で住宅を建設するとき、注文住宅であればある程度希望を伝えることができます。トイレは特にいろいろと言うことができる部分ですから、適当に考えないようにしないといけません。まずは住む人の家族構成を考えます。一般的な、若い夫婦に子供ぐらいであれば、それほどの広さも必要ありません。他の部屋を優先して施工することもあるでしょう。一方、高齢者などがいる場合、家を建てる人が現在50歳や60歳などの場合、高齢者が使うことも考慮した方が良いこともあります。後から広くするのは大変なので、初めから広めにするなど考えておくと良いでしょう。

掃除がしやすい便器や設備を考える

掃除はどの部屋でも必要です。リビングにしても、寝室にしても必要です。リビングなどは掃除機をかけるぐらいで済みますが、トイレとなるとそれほど簡単ではありません。結構大変です。新築でこれからトイレの施工をしてもらうのであれば、使うことも考える必要がありますが、掃除をするときのことも考えて設置してもらうようにします。便器などは、新しいタイプだと汚れが付きにくいものがあります。水流を工夫したり、便器の加工が施されたりです。床などは、後ろに回り込みやすいように設置する方法があるかもしれません。業者と相談をするとよいでしょう。

将来のリフォームも考えた作りにする


新築の住宅を建てた時、少なくとも30年近くはその家を使うことになります。では、何も交換せずに住み続けることができるかです。ある程度は可能ですが、設備によっては交換を前提にしているものもあります。浴槽などは10年ぐらいで取り換えるのが一般的です。トイレを施工してもらうときにも、将来のリフォームを意識して設置してもらうようにします。電気を使う部分は、どうしても傷みやすくなるので、交換が必要になることがあります。広めに取っておく、配管を交換しやすいようにしておく、電気の配線なども行いやすいようにしておくなどがあります。

まとめ

トイレは使っていると必ず汚れます。新築時はきれいですが、すぐに汚れて掃除が必要になります。最初に設置するときに、掃除がしやすくなるよう設計してもらいましょう。裏側などは配置によって掃除しやすくなります。




このページの先頭へ